ベットスティーブの退会方法・再開方法を徹底解説!【保存版】

ベットスティーブ

ベットスティーブ公式サイトはこちらをクリック☝

⇒ベットスティーブの登録方法が気になる人はこちらの記事をチェック

ベットスティーブの退会方法・再開方法を紹介するよ!

ベットスティーブはカジノゲームからスポーツベットまで楽しめるハイブリットカジノです。

ベットスティーブでは日替わりプロモーションなどを提供しており、毎日のようにお得なボーナスが利用できます。

ですが、ベットスティーブは知名度がまだまだ低いため始めるのに不安を感じている人もいますよね。

そのため、ベットスティーブを始めてもすぐに退会できるなら安心と考える人もいますよね。

そこで今回はベットスティーブでの退会手順や再開方法を紹介します。

ベットスティーブの退会方法は?

ベットスティーブで退会をする場合は、ベットスティーブのサポートに連絡する必要があります。

ベットスティーブへの退会手続きの連絡はメール、ライブチャットどちらでも大丈夫です。

メール:customersupport@instantgamesupport.com

ライブチャット:公式サイトにある吹き出しマークをクリックして「チャットする」をクリックする

 

ベットスティーブを退会したい場合は、ベットスティーブのサポートに退会したい旨、伝えるだけです。

いつでも簡単に退会できますよ。

ベットスティーブでの退会はサポートに退会したい旨と退会理由を伝えるだけでOK!

退会の意味

ベットスティーブでの退会はアカウント停止を意味します。

そのため、ベットスティーブ退会後でも個人情報は残り続けます。

退会をしても個人情報が残る点に不安を感じている人もいますが、オンラインカジノを始め、動画ストリーミングサービスなど現在ではさまざまな制度で退会=アカウント停止という形が取られています。

動画ストリーミングサービスなどでも退会後アカウント再開をするのに以前利用していたのと同じ情報を使ってアカウント再開手続きをしていますからね。

ベットスティーブでは個人情報をマルタゲーミング委員会、キュラソー政府によって厳重に保管されているため、安全性は抜群です。

ベットスティーブでの退会=アカウント停止だから個人情報は残るものと覚えておこう!

ベットスティーブで退会する前に使える機能

ベットスティーブで退会する前にベットスティーブに熱中するのを防止できる機能を紹介します。

ギャンブル依存症になる心配を理由に退会を希望している人は事前に活用するのがおすすめです。

自己規制設定は、ベットスティーブのマイアカウントに入って「アカウント」のタブに入ります。

アカウント内にある「責任持ってプレイ」の部分で自分の希望する規制内容を設定して「送信」を押すだけで設定できますよ。

ベットスティーブの自己規制設定では下記が使えます。

  • 入金制限
  • ベット制限
  • 損失制限
  • セッションの有効期限
  • リアリティチェック

 

それぞれの詳しい機能について紹介します。

入金制限

ベットスティーブではギャンブル依存症にならないように入金額を制限できます。

ベットスティーブでできる入金制限は下記の通りです。

  • 1日あたりの入金額
  • 1週間あたりの入金額
  • 1ヶ月あたりの入金額

ベットスティーブの入金制限は上限額の引き下げであれば、設定後すぐに適用されます。

ですが、上限を引き上げる場合は設定が有効化されるのに24時間かかります。

ベット制限

ベットスティーブでは期間ごとの最大ベット額を設定できます。

ベットスティーブで設定できるベット制限は下記の通りです。

  • 1日あたりのベット額
  • 1週間あたりのベット額
  • 1ヶ月あたりのベット額

ベットスティーブのベット制限は、上限額の引き下げはすぐに有効化されますが、ベット制限額を引き上げるのには設定送信をしてから有効化するまで24時間ほどかかります。

損失制限

ベットスティーブでは期間ごとの損失制限も設定できます。

ベットスティーブで設定できる損失制限は下記の通りです。

  • 1日あたりの損失額
  • 1週間あたりの損失額
  • 1ヶ月あたりの損失額

ベットスティーブの損失額の上限額を引き下げる場合すぐに有効化されますが、損失額の上限額を引き上げる場合24時間かかります。

セッションの有効期限

ベットスティーブではセッションの有効期限の設定もできます。

セッションの有効期限は、20分、60分、120分の中から設定可能です。

設定したセッション時間に達すると、セッションが切れます。

セッションの有効期限設定は、引き下げは即時対応となりますが、引き上げは24時間かかります。

リアリティチェック

ベットスティーブではリアリティチェックの設定もできます。

リアリティチェックは、20分、60分、120分の中から選択できます。

リアリティチェックで設定した時間が経過するたびに、アラームによってお知らせされますよ。

上限の引き下げはすぐに対応してくれますが、引き上げは有効化されるのに24時間かかります。

自己規制をかけるほどではないけどちょっと心配っていう人はリアリティチェック設定をしておくと役に立つよ!

ベットスティーブの退会前にやるべきこと

ベットスティーブを退会する前には必ず残高を0円にしておきましょう。

ベットスティーブで退会をしてしまうと残高を出金できなくなるので事前に確認しておく必要があります。

また、ベットスティーブで獲得したボーナスやフリースピン、フリーベットなどの得点もすべて無効となってしまうので早急に退会する必要がある人以外は必要な特典を使用して、残高をすべて出金してからサポートに退会したい旨、伝えた方がいいですよ。

ベットスティーブで得た資金をせっかくなら出金しておこう!

ベットスティーブで退会する時の注意点

ベットスティーブを退会する時は理由に気を付けましょう。

実際にギャンブル依存症になっている人以外はベットスティーブを退会する時にギャンブル依存症が原因であると伝えないでください。

ベットスティーブをギャンブル依存症を原因として退会すると、ギャンブル依存症の心配のあるプレイヤーと判断され、アカウント再開が出来なくなる可能性があります。

ベットスティーブを退会する時に理由を聞かれたら、素直な理由を答えれば問題ありませんからね。

ベットスティーブを退会する時はアカウント内の資金整理や退会理由に注意してください。

退会理由はベットスティーブを再開する時にも聞かれるからメモしておくのがおすすめだよ!

ベットスティーブの再開方法は?

ベットスティーブで一度登録経験があり、すでに退会をしているけれどもう一度始めたい場合は、ベットスティーブのサポートに連絡する必要があります。

メール:customersupport@instantgamesupport.com

ベットスティーブで再開を希望している人は、ベットスティーブのメールサポートに、名前(フルネーム)、住所、メールアドレス、有効な身分証明書、退会理由を伝える必要があります。

ベットスティーブでのアカウント再開は他のオンラインカジノに比べて厳重にプレイヤー本人かどうか確認されるよ!

ベットスティーブを再開するためのポイント

ベットスティーブを再開するためには、以前に登録していた個人情報と同じものを提出する必要があります。

以前に利用していたプレイヤー情報と一致しているかどうかが重要ですからね。

そのため、ベットスティーブを退会する前にベットスティーブに登録している個人情報を保管しておくのがおすすめです。

ベットスティーブを退会する人の中には二度と再会する予定はないからメモする必要はないと思っている人もいると思いますが、途中で考えが変わる可能性もありますからね。

以前登録していた個人情報と変わっているところがあればアカウント再開後にサポートに伝えた方がいいよ!

ベットスティーブを再開する時の注意点

ベットスティーブを再開する時に、前に登録した個人情報を覚えていない人もいますよね。

ですが、以前登録した個人情報をまったく覚えていないからと言って、再度新規アカウントをしてはいけません。

ベットスティーブでは退会後も個人情報を保管しているため、1プレイヤー2つ以上のアカウントを作るのは禁止です。

万が一、ベットスティーブのアカウントを再開したいにも関わらず、過去に登録した個人情報を覚えていない人はベットスティーブのサポートに相談してみてください。

ベットスティーブでアカウント再開ができるかどうかはベットスティーブ側の判断次第のため、必ずアカウントが再開できるわけではありません。

以前に違反行為を行っている人やギャンブル依存症を理由に退会している人はアカウントを再開できない可能性があるので注意してください。

スムーズにアカウント再開ができるように退会の前から準備をしておこう!

ベットスティーブは退会も再開も簡単!

ベットスティーブでは退会も再開もベットスティーブのサポートに連絡をするだけで簡単に手続きができます。

プレイヤー側で設定を行う必要がないため、難しくありません。

ベットスティーブでは気軽に退会、再開ができるため新規アカウント登録も気軽にできますよ。

逃げ道が用意されているため、ベットスティーブに不安を覚えている人でも気軽に挑戦できますよ。

ベットスティーブ公式サイトはこちらをクリック☝

⇒ベットスティーブの登録方法が気になる人はこちらの記事をチェック

 

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました